スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子高生暴行容疑で介護士逮捕=携帯番号調べ電話―和歌山県警(時事通信)

 和歌山県田辺市の路上で女子高校生を車に連れ込んで性的暴行をしたとして、県警田辺署は16日、強姦(ごうかん)容疑で上富田町生馬、介護士吉岡祐貴容疑者(23)を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は5月17日午前1時ごろ、田辺市の空き地に止めた吉岡容疑者の乗用車の中で、抵抗する女子高校生(16)を押さえつけ、性的暴行をした疑い。
 同署によると、吉岡容疑者は田辺市内の老人ホームに勤務。出勤経路の途中で見掛けた女子高校生の携帯電話の番号を調べ、一方的に何回か女子高校生に電話をしていた。
 女子高生は誘いを断るため同容疑者と会ったところ、被害に遭ったという。 

【関連ニュース】
連続女性暴行の男に懲役30年=「再犯の可能性」指摘
強姦未遂容疑で教諭を逮捕=出会い系サイトで知り合う
小規模施設、34%が違反=グループホーム火災で調査
少女脅し工事現場で乱暴=容疑で会社員逮捕
自衛官少年、強盗強姦容疑で逮捕=女子高生を駅トイレで

日テレ社員装い約5万円詐取 容疑の無職男を逮捕(産経新聞)
殺人 焼け跡から女性遺体 首に切られた跡 静岡・三島(毎日新聞)
自民 16日に内閣不信任決議案提出方針固める(毎日新聞)
おぼれた女性1人死亡、2人が重体 千葉(産経新聞)
民主「単独過半数」に迫る勢い 立候補予定者400人超(産経新聞)
スポンサーサイト

検察審査会に説明求めた民主・辻議員に質問状(産経新聞)

 自民、公明両党の弁護士資格を有する国会議員14人が3日、検察審査会事務局に審査手続きの説明を求めたとして、民主党の辻恵副幹事長に公開質問状を送付した。同党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件に絡み、不起訴処分の妥当性を審査する検審側との接触について「重大な司法への政治的圧力、政治介入につながる」と批判。接触の状況や質問内容などの回答を求めたほか、「衆院議員を辞職すべきだ」ともしている。

 質問状に名を連ねたのは、自民党からは高村正彦元外相ら8人、公明党からは浜四津敏子代表代行ら6人。

【関連記事】
カネ問題 真相は闇のまま 献金・土地・北教組…
辻氏に説明要請へ 検審質問 自公「政治介入許せぬ」
検審への説明要求 圧力以外の何物でもない
民主・辻氏、検察審への問い合わせは「当然」
小沢、不起訴再決定で態度一変 政倫審「出ると言ってない」
「はやぶさ」帰還へ

<鳩山首相退陣>挫折から光明を(毎日新聞)
リンゴかじり「帰ってきたよ」=無事帰還の野口さん、手を振り(時事通信)
<共産党>参院選比例代表の追加公認を発表(毎日新聞)
社民が候補擁立模索、民主に動揺…北海道選挙区(読売新聞)
父の愛 文字に残そう 京都の病院「パパ手帳」製作(産経新聞)

40歳長男と無理心中?67歳女性、民家で自殺(読売新聞)

 21日午後5時45分頃、神奈川県大和市上草柳の民家の1階階段で、この家に住む無職田中佐代子さん(67)が、首をつって死亡しているのを、帰宅した次男(39)が見つけ110番した。

 大和署員が駆けつけたところ、2階では、長男利征さん(40)がうつぶせで死亡していた。首には、ひものようなもので絞められた跡があり、同署は、田中さんが利征さんを殺害後、自殺したとみて調べている。

 同署幹部によると、1階居間のテーブルに田中さんが書いたとみられる遺書があり「ごめんなさい。これでしか解決できません。身も心も疲れました」などと記されていた。

元朝青龍関を聴取=男性への暴行問題―警視庁(時事通信)
<児童ポルノ>発見直後に遮断 政府WG「現行法で可能」(毎日新聞)
普天間「日米共同声明」28日に、移設先明記へ(読売新聞)
自動車でひったくりの男2人逮捕 東京・綾瀬(産経新聞)
<シー・シェパード>「代表に言われ監視船に侵入」 元船長(毎日新聞)

殺人放火 住宅全焼 76歳遺体に刺し傷 千葉・八街(毎日新聞)

 11日午後2時半ごろ、千葉県八街市小谷流(こやる)の会社員、中村忠司(ただし)さん(46)方から出火、木造2階建て約130平方メートルを全焼した。県警が12日に現場を実況見分したところ、焼け跡の1階6畳間から中村さんの父で農業、行夫さん(76)の遺体を発見。背中に刃物による刺し傷があったほか、付近に油がまかれた形跡があり、殺人・放火事件とみて佐倉署に同日捜査本部を設置した。13日に遺体を司法解剖し、詳しい死因を調べる。

 捜査本部によると、遺体はあおむけの状態で、背中の上部中央に刃物で刺したような幅数センチの傷があった。現場から凶器とみられる刃物は発見されておらず、行夫さんが普段使っていた軽乗用車がなくなっていた。犯人はこの車で逃走した可能性があるとみて行方を追っている。

 中村さん方は中村さんと長女(16)、次女(14)、行夫さんの4人暮らし。出火当時、行夫さん以外は外出していた。中村さんは11日午前6時50分ごろ出勤したが、その時は行夫さんに変わった様子はなかったという。

 現場は水田と雑木林に囲まれ、近所には5~6軒の家しかない静かな農村地帯。近所の無職男性(65)は「(行夫さんは)いつも畑仕事をし、温厚な人だった。トラブルに巻き込まれるような人ではない」と驚いていた。【中川聡子、黒川晋史、斎川瞳】

H2Aロケット 「あかつき」の打ち上げ延期 悪天候で(毎日新聞)
チェリスト 823人が平和願い演奏 広島(毎日新聞)
聴取4時間半、「潔白」繰り返した小沢氏(読売新聞)
中学体育祭、強風でテント飛び生徒10人けが(読売新聞)
拉致と安保を議論、23日シンポ(産経新聞)

国体「インチキしてでも1位」山口県副知事(読売新聞)

 山口県の西村亘副知事が、2011年の山口国体で「『やし(インチキ)』をしてでも1位をとる」などと発言し、地元の市民団体「みんなの県政をつくる会」(福江俊喜・筆頭代表世話人)が12日、撤回を申し入れ、副知事は陳謝した。

 同会によると、副知事は山口市のホテルで4月23日に開かれた県弁護士会のパーティーに出席した際、来賓あいさつで「(審判が優劣を判断する)旗振り競技は開催県に有利にしてもらう」「『やし』をしてでも1位をとる」などと発言した。

 これに対し、同会のメンバーらが同日、副知事と県庁で会い、「国体の成功に向け一生懸命努力している人たちに冷水を浴びせる発言」と撤回を申し入れた。

 副知事は「開催県が有利な傾向にあるという趣旨。『違反してでも』という意味ではない」と釈明した上で、「誤解を招いたとすれば残念で不快感を与えた方にはおわび申し上げる」と陳謝した。

 1963年に開かれた前回の山口国体で山口県は2位だった。

<京都地裁>裁判員6割の辞退許可…9日間の審理が影響?(毎日新聞)
「県外」は努力したい思い 首相 普天間発言で反論(産経新聞)
やり刺さり女子高生けが=部活中、跳ね返り足首に-北海道・池田(時事通信)
331円安で終了=東京市場(時事通信)
B型肝炎訴訟で首相ら、和解協議入り確認(読売新聞)
プロフィール

Author:きじまかずお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。